日本臨床アロマセラピスト協会(JCAA)は、アロマセラピスト相互の親睦を深め知識の向上を図るとともに、臨床アロマセラピストの発展に寄与し、社会に貢献することを目的に2015年4月1日に設立されます。
JCAAは、臨床アロマセラピーを人々の自己治癒力を高め、健康の維持増進、また健康問題を抱えた人に対して症状緩和、QOLの向上を目的に行なうアロマセラピーと定義し、一人でも多くの方の「生きること」を支えるために、アロマセラピーの普及と実践の推進、アロマセラピーに関する研究の活性化を目指します。
JCAAについて
入会のお申し込み
お問い合わせ