トップページ
JCAAについて
理事の紹介
入会要項
お問い合わせ
代表理事からのご挨拶

日本で初めて臨床アロマセラピストのための協会、日本臨床アロマセラピスト協会(JCAA)ができて今年で4年になります。近年、日本でもようやく知られるようになってきた「統合医療」という新しい医療の枠組みの中で、専門的なトレーニングを受けた臨床アロマセラピストの活躍の場がこれから広がっていこうとしています。ホリスティックな医療哲学を中心とした統合医療の実践において必要な知識と技術を習得された皆様は、道なき道を切り開いて進んでいくだけのパワーとリーダーシップが今後さらに求められるでしょう。プロフェッショナルとして社会的に認められるためは、それに見合うだけの臨床アロマセラピストとしての質を保証し高めていくことが重要です。JCAAは、まさにそのための「場」を提供する組織として設立されました。これから、さらなる発展を目指して共に前進していこうではありませんか。

日本臨床アロマセラピスト協会 代表理事 竹林直紀
理事の紹介
●相原由花(ホリスティックケアプロフェッショナルスクール学院長)
●伊藤加奈子(ココカラウィメンズクリニック院長NPO法人ウーマンリビングサポート代表理事
●香月憲一(学園南クリニック院長
●黒丸尊治(彦根市立病院緩和ケア科部長)
●四宮敏章(奈良県立医科大学付属病院緩和ケアセンター長)
●田村祐樹(NPO法人サイモントン療法協会副理事長・滋賀医科大学家庭医療学講座・元准教授))
●平井みどり(神戸大学医学部付属病院教授:薬剤部長)
●道免和久(兵庫医科大学 医学部教授)
●水野泰行(関西医科大学心療内科医長)
(*五十音順・敬称略)